人気テニス漫画で有名なツイストサーブが打てると、かっこいいんでしょうか。ツイストサーブはスピンサーブの一種でありすが、様々あるサーブの中でも一番打つのが難しいサーブでしょう。特徴としては、野球でいうカーブのような弾道ですので、相手コートに入ってからバウンドして大きく弾ませるためのサーブです。ツイストサーブをマスターするまでには、かなりの量の練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)と時間が必要になります。打ち方のコツをつかむには時間がかかってしまうと思いますが、根気よく練習を続けていくことが大事なので、諦めることなく繰り返し練習を続けてみて下さい。ツイストサーブを成功させるには、縦の回転とひねりの回転をちょうどいいバランスで同時に行う必要があります。ただ、そう呼ねれても、感覚で理解するのは難しいですよね。まずは、ボール(ある意味、消耗品ですが、大切に使えね長持ちするでしょう)トスを意識してみましょう。ツイストサーブを打つ時、イメージとしては体を後ろの方へひねっているイメージがあると思います。そこで、ボールをトスする時に、後ろ側にトスするのではなく、大袈裟かもしれませんが、ネット側に向けてトスするのです。それに、ボールをあまり高い位置までトスしないで、自分から見て少し上にトスするのがちょうどいいだとされているのです。トスの次にツイストサーブを上手く打つコツとしては、膝です。トスを上げた瞬間、膝を曲げ、しっかりと力を入れて、力を溜めましょう。そして、ボールを打って込む時に一気に膝を伸ばし、伸ばす力をつかってボールを打ち込みます。これらのポイントを踏まえて、繰り返し練習してみてくださいねー